家系図の作り方

松戸市内を中心とした相続、遺言の無料相談室

自分のルーツを探ってみませんか

皆さんは、ご自身の曽祖父や曽祖母の名前をご存知でしょうか? 祖父や祖母の名前は知っていても、曽祖父・曽祖母の名前を知らない方は多いのではないでしょうか。 また、出生地はどうでしょうか? 父母の故郷は知っていても、その前の代…となってくると、「昔、父から○○出身だと聞いたことがある」という程度の方が多いのではないでしょうか。 一度、ご自身で、自分のルーツを辿って過去を旅することにより、きっと、家族・一族の絆は深まるはずです。そして、次の世代へと受け継いでいきましょう。

自分で出来る家系図の作り方

家系図を作ってみたいけど、作り方がわからないという人も多いと思います。 ここでは、一般的な家系図の作り方を説明させていただきます。


戸籍謄本・除籍簿・改製原戸籍の収集

情報の基本は、戸籍謄本です。 皆さんも、パスポートを申請するとき、相続が発生したときなど、一度は戸籍謄本を取得したことがあるかと思います。相続などでは、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本を取得していきますので、大正時代の戸籍謄本をご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。
戸籍をさかのぼっていく方法ですが、入手した戸籍から「ひとつ前の戸籍の本籍地と筆頭者」の情報を得て、本籍地の役所に戸籍を請求していきます。
この作業を繰り返していくという地道な作業ですが、自分の手元に過去の戸籍が集まってくるのはワクワクするものです。
そして、集めた戸籍の情報をもとに、家系図を作っていきます。 出生年月日 婚姻日 続柄 死亡日などの情報を時代を遡りながらまとめていきます。 婚姻関係は二重線、関係解消は×、婚姻以外の男女関係は波線、子供は年長順に右からといった要領でまとめていくと、これだけでも立派な家系図の出来上がりです。
運が良ければ、戸籍の収集情報だけでも、江戸末期に生まれたご先祖さまの名前を知ることができます。

<さかのぼれる戸籍には限界がある>
平成22年の改正により、除籍簿等の保存期間が80年から150年に変更になりましたが、150年に変更される前に破棄されてしまった除籍簿等は少なくありません。 また、戦争や天災等により戸籍簿が焼失してしまった地域がありますので、このような戸籍は残念ながら取得することができません。

戸籍だけでは辿りきれない情報の集め方
いよいよここからが、本格的な過去への旅の始まりです。 時間と労力は掛かりますが、情報を得られた時の喜びは格別です。 たとえ有力な情報が得られなくても得られることは多いのではないでしょうか。

・過去帳の調査
意外と本家には過去帳が残っていたりします。ご自身で集めた戸籍に過去帳の情報を転記させていただきましょう。 また、ご先祖の菩提寺をご存知なら、交渉して、お寺にある過去帳をみせてもらいましょう。
・本家の墓石の記載調査
・地元の長老たちからの聞き取り調査
・古文書調査等々

※家系図を作るということは、ある意味、時間との勝負です。戸籍等の保存期間の関係もさることながら、昔を知っている人たちから直接お話を伺える時間はそれほど多く残されていません。次の世代に移ってしまう前に過去への旅に出かけましょう。

inserted by FC2 system